スタッフブログ

コンクリートの上に床をつくります

焼津・藤枝・島田・吉田町で
戸建て住宅・マンションのリフォームをするなら
HAPPY LDK

こんにちは、リフォーム工事課の辻です。今回は、倉庫を洋室に改修する際の床組みを紹介します。
床の下地は角材を水平に並べるところから始めます。
その際、床をある程度高くしたい場合は並べる角材とコンクリート床の間に束を立てて高さを調整します。その一例をご覧ください。
今回は束に樹脂製の束を使用しました。

並べる角材には束と角材を固定するための穴を事前にあけておき、角材にセットしてコンクリートに付属の釘とボンドで固定します。

取り付けた状態を上から見るとこんな感じです。

この束はネジ状になっていて高さの微調整が出来ますので、水平を確認してセット完了です。
この作業を部屋に必要な数分行います。角材を並べた状態がこちらです。

この後は細い角材を先に並べた角材と直行するように細かく並べ、その上に合板を張って床の下地か完了します。

最近は、「部屋数が足りなくなったために敷地内にある倉庫を部屋に出来ないか」という相談が多くなったように思います。ご相談をいただくとご都合をお聞きし倉庫を見させていただいたうえで可能な提案をさせていただいておりますので、まずは気軽にご相談ください。

山田工務店HAPPY LDKは、焼津市・藤枝市・島田市・吉田町を中心に暮らしの中のご不満・ご不便を解決することを提供している地域密着型の建設会社です。

暮らしの中のご不満・ご不便をご相談ください。

>施工実績コチラ
お客様の声はコチラ
見積り依頼

LDK空間の改修工事キッチン・お風呂・トイレ・洗面などの水廻りリフォーム、窓・床のフローリングや壁のクロス張り、外壁・屋根リフォームなど、どんなことでもおまかせください。

お客様の理想を叶える最適なリフォームプランをご提案します。

住まいのプロが無料でお答えいたします。

YouTube   LINE   Facebook