スタッフブログ

1階の床を組む

焼津・藤枝・島田・吉田町で
戸建て住宅・マンション(藤枝市)のリフォームをするなら
HAPPY LDK

こんにちは、リフォーム工事課の辻です。今回は昔から行われている床の組み方をご紹介します。
まず床を支える太い角材を910㎜の間隔で取り付けます。

束石に鋼製の束でたわまないように固定されています。次に床板を乗せる細い角材を取り付けます。

この細い角材は303㎜の間隔で取り付けてあります。間には断熱材をはめ込みます。

断熱材は上に張る合板と出来る限り密着させるのが断熱性能を確保する上で重要になるので、若干はめこみを甘くしておき、上に張る合板で押さえつけるとうまくいきます。

全体に合板を敷き詰めて下地としては完了です。
30年くらい前まではフローリングと言われる仕上げの床材を1枚だけで済ませることもありましたが、長く使用するうちに弱くなってしなるようになることが分かってからは下地の合板を事前に張ってその上にフローリングを張るようになりました。
こういうことも知っていると役に立つことがあるかもしれないとご紹介させていただきました。

山田工務店HAPPY LDKは、焼津市・藤枝市・島田市・吉田町を中心に暮らしの中のご不満・ご不便を解決することを提供している地域密着型の建設会社です。

暮らしの中のご不満・ご不便をご相談ください。

>施工実績コチラ
お客様の声はコチラ
見積り依頼

LDK空間の改修工事キッチン・お風呂・トイレ・洗面などの水廻りリフォーム、窓・床のフローリングや壁のクロス張り、外壁・屋根リフォームなど、どんなことでもおまかせください。

お客様の理想を叶える最適なリフォームプランをご提案します。

住まいのプロが無料でお答えいたします。

YouTube   LINE   Facebook